真田丸 第十六回「表裏」 源次郎の窮地

絢爛豪華な大坂城に渦巻く黒い闇。源次郎の追い詰められっぷりに見返すのが辛いほどでした。 真田丸 第十六回「表裏」今週はだいぶ掻い摘んだ感想になっています。

今日読んでた本2冊、途中の感想

読み終わる頃には感想がフレッシュじゃなくなって、感想書く気がしないときがある。 ので、読んでる途中の本の今んとこの感想をメモっておく。 「創作の極意と掟」筒井康隆 創作の極意と掟 posted with ヨメレバ 筒井 康隆 講談社 2014-02-26 Amazonで調べる…

「モモ」に心を躍らせて

特別お題「青春の一冊」 with P+D MAGAZINE 「人生において大事なことをこの一冊が教えてくれる」なんてうたい文句はあまり好きではない。しかしミヒャエル・エンデ「モモ」について一文書くとしたらこの一文になる。 小学生の頃、学校の図書室で読んで、そ…

真田丸 第十五回「秀吉」 源次郎、秀吉に出会う

和やかな大坂。騒がしい上田。二つの家族。どちらの家族も知る源次郎は、家長の秀吉をどう思ったか。 真田丸 第十五回「秀吉」

今日のこととか

長風呂していたら日付が変わり、毎日更新が途絶えてしまいました。やらねばならぬではなく、できたらいいなだったのでまあいいかと思っています。三日坊主にならなかっただけ自分を褒めてやりたいです。 日~月の真田丸感想を中心に自分のペースで書いて行こ…

「知的生産の技術」から「手紙」

「知的生産の技術」 内容が濃くて読み切れてないのでとりあえず気になった章からピックアップ。 「手紙」1969年に発行された本書。現在からみるとさらに縁遠い物となっている「手紙」だが、本書が書かれた時代でもすでに、日本におけるその扱いは微妙なもの…

授業参観が来た!(ヒロアカ小説感想)

僕のヒーローアカデミアの小説を買いました。 行きつけの本屋のジャンプ系の小説を置いてあるところに無くて売り切れかなと思っていたら、ヒロアカの単行本と一緒に並べられていました。 かっちゃんと飯田くんがいないのが意外。お茶子が可愛い表紙です。 僕…

梅ちゃんの死と「こころおきなく」戦うこと

大坂編に突入した真田丸。しかしどこか青春編における梅の死を引きずっている。もやもやしたものを晴らすために彼女の死について書いてみる。

炬燵布団から出たくない。

いきなり寒いです。久々に暖房をつけました。 最近は桜も咲き、そろそろ昼間お風呂に水を張っておかなくても大丈夫な季節になったかと思えば、いきなり粉雪。*1 ちょうど屋内から屋内へ移動するときに、いちばん吹雪いていました。間が悪い。 桜と雪が風流な…

真田丸 第十四回「大坂」 新天地

真田の大勝利に終わった第1次上田合戦。最愛の妻を失った源次郎は、それでも前に進むしかなく、大坂に赴きます。 真田丸 第十四回「大坂」新天地で続々個性豊かな新キャラ登場です。

Shinzi Katoh のマステが好きというだけの話

題通り。 フィギュアは仲間を呼ぶと言うけれど、マスキングテープもそうだと思う。 Shinzi Katohのマステだけでもこの感じ。 sweet scent ballon rabit春と修羅 よだかの星cheerful note2 sorabear 和菓子銀河鉄道の夜 シール堂の通販と、仙台市内のアエルの…

真田丸とオリエント急行でお茶濁す

タイトルは「真田丸は楽しいけれど、若干の不満がある点について、脚本・三谷幸喜さんの過去作『オリエント急行殺人事件』の愚痴をこぼしてお茶を濁す」の略。 もともと完結していない作品に対して、「面白い!」というポジティブな感想以外を漏らすことには…

きのこ帝国「夜鷹」を聞いて宮沢賢治を読み直す

ちょっと前に知ったきのこ帝国。 最近アニメの始まった「僕のヒーローアカデミア」の堀越先生が執筆時に「桜が咲く前に」を聞いていらしたと目にして、聞いてみたらハマった。 www.youtube.com (公式によるアップロード) その、きのこ帝国の「eureka」とい…

今日はレジン三昧

明日からまた天気が崩れるらしいけれど、今日はレジン日和でした。 前に作っていたミール皿のレジン作品を仕上げました。 shirokutsushita.hatenablog.com

おとなのぬりえじゃないけれど

こちらの写真は印刷した黒枠にクレヨンで色を塗ったものです。さて、何本のクレヨンで塗ったでしょう。 こたえは5本。 使ったのはこのクレヨン。 一本のクレヨンで、何色もの色が出せる文房具だ。 モネ展をやっていた頃に、モネっぽい絵の描けるクレヨンとし…

真田丸 第十三回「決戦」 六文銭

信繁青春編の終了にして、六文銭の登場。 「死にざまは生き方を写す鏡」 前回の景勝の言葉が重くのしかかる13話です。 真田丸 第十三回「決戦」

梅雨ちゃんが来た!(ヒロアカ番外編の感想など)

本日はアニメ「僕のヒーローアカデミア」(ヒロアカ)の第一回放送日。 ジャンプで連載している同タイトルは、超人化する「個性」の発現があたりまえになった世界で、ヒーローに憧れる少年の物語。 個性豊かなキャラクターたちの戦いが動いて見れるのが今か…

デレステやってみた

中居くんがCMをやってることでざわついたデレステを、LINEコイン目当てにダウンロード。 ちょうどいい機会だからちょっと触ってみようと、ゲームプレイしてみた。 スタートキャラは卯月ちゃん。 もともと、アクションゲームは苦手。 艦これとツムツムくらい…

新人、折り紙を折る

今週のお題「印象に残っている新人」 高校の頃の部活動。 入学したばかりの大会に向けて、部員一同で鶴を折る。 願掛け。 新人と交流を深めて、なんとなく互いを知る儀式ともいえる。 その中に異彩を放つ新人ひとり。 鶴が折れない。 訳が分からない。 天然…

晴れろー

天気の良い日に作業ができなくて、レジンは停滞中。 液やモールド、封入素材はいろいろ備えたのではやく作りたい。 そんな中、作っていたもの。 イヤーフックと、スワロフスキーのネックレス。 ネックレスの方はもう少し改良する予定。リンゴのイメージで葉…

TodoistはTo-Doリスト初心者でもとっつきやすい

最近、To-Doリストとして、Todoistを使っている。 多様なプラットフォームからのアクセスが可能なオンラインTo-Doリストで、スマートフォンアプリや、PCアプリはもちろん、インターネットブラウザ上からの操作、Firefoxやchromeアドオンなど、自分に合わせた…

酒が飲めるぞ♪

お題「好きなお酒」 お庭の梅が咲きまして。 桜こそないわが家ですが、幼いころは花見と称して梅の樹の下、シートを広げてお菓子を楽しんだこともありました。 何枚か花びらももう落ちてしまっていますが、まだまだ見頃。 そして春が過ぎ、実を結んだら、そ…

真田丸 第十二回「人質」

BSの真田丸では開始前に「武田信玄」の再放送予告。真田丸の実質的な前日譚となるわけで、真田丸と合わせて見る人も多そうです。 真田丸 第十二回 「人質」源次郎、人質ライフを意外と満喫。

マステ持ち運び用の箱を作ってみた

マスキングテープを持ち運びたい。 とはいえそんな何種類も必要という感じではなく、デコレーションとしてではなくあくまでテープとしてなので大容量である必要はない。 一つくらいでいい。 で作ったのがこれ。 中身はこんな感じ。 マステの大きさに合わせた…

きりは源次郎のライバルかもしれない

真田丸11話「祝言」では、源次郎と梅が祝言を上げました。 源次郎を強く優しく支える存在。 梅は主人公の嫁にふさわしいヒロインです。 しかしその祝言は、それを利用した室賀の暗殺計画という源次郎にとっては辛い結果をもたらしました。 その時、源次郎は…

ハンドメイドの沼を作る

ハンドメイドを調べていたら、レジンが気になってしょうがない。 百均で必要なものを買い揃え、良しやるぞと思ったが、微妙に曇り。今日は駄目かと天気予報をチェックするとお昼くらいから晴の予報。やっぱりやろうとレジン液をいざ開封。 セリアのミール皿…

優柔不断の犬派猫派論争

今週のお題「犬派? 猫派?」 犬も猫も可愛いから選べない!で終了するのもあれなので考えてみる。 飼うなら犬派。もちろんちゃんとしつけをすることは前提として。可愛い物は構いすぎる方なので猫にはきらわれそう…という思いもある。人様のところの犬だけ…

「文章」について読む

文章に関する本を同時に二つ並行して読んでみた。 前者は文章を書くことの基本のキだ。どのような文章を書く人にも為になる。文をはじめて書き始める人ならこれを参考にすれば最低限の文章は書ける。今まで書いた自分の文章と照らし合わせて振り返ってみるの…

鏡の中の恐ろしい物

お題「最近見た夢」 夢の中、薄暗い部屋。 壁にかかる一枚の鏡。 縁はない、裸の鏡。 ちょっと割れている。 薄汚れている。 それでも鏡としての用途は果たす。 覗き込む。 自分がうつる。 だけど少し違う。 いつもの自分ではない。 冷や汗が浮かぶ。 これは…

真田丸 第十一回「祝言」 幼馴染の悲しみ

めでたい祝言という単語にもかかわらず、陰謀渦巻く真田丸。のっけから嫌な予感しかしません。 第十一回「祝言」このまま漢数字で話数を書いていくとごちゃごちゃしそうで迷いどころ。