戦姫絶唱シンフォギアの続編が決まったので想い出を語る

シ・ン・フォ・ギィィッ――ヴウゥワアアアアアアアアアアアアアアアアアッ!!!! 戦姫絶唱シンフォギアの4期および5期が決定した。 歌う声優の先達・高山みなみを先輩に戴き、演歌出身・水樹奈々、音大出身・高垣彩陽を仲間に従え、悠木碧が戦うヒロインを…

仙台駅東口を通るので寄り道した

頻繁に利用する仙台駅東口。 今となっては毎回通るたびに写真とっていれば面白いものになっただろうにと思っても後の祭り。エスパル新館を見てきました。 入口で大量に置かれていたガイド。 人人人。この陽気に冬場と変わらない厚着で出かけてしまったことも…

ハンドメイド進捗と仙台のお店

前回↓ハンドメイドの門をたたき、ちまちま作っている現状。 shirokutsushita.hatenablog.com とりあえずキノコのチャームは最初から紐系に吊るしたいと思っていたので、ユザワヤで売っていたレザーネックレスに吊るす。そしてパーツクラブで買ってきた金属ビ…

ベストセラー小説の書き方とベストセラー漫画家

ディーン・R・クーンツ「ベストセラー小説の書き方」を読んだ。 ベストセラーを書きたい人へ、作法ももちろん、作家稼業の商売事情までつまびらかにされた本。 少し古いものだし、海外の作品だしで商売事情の辺りはあまり読んでていてもピンと来ない。ただ、…

マステ目当てで女川駅に行ってきました

晴天なれど風強し。そんな3/16(火)に女川駅に行ってきました。 女川駅前、マステで彩られた道。 ◎mt MARCHE at 女川のお知らせmt MARCHE、宮城県牡鹿郡女川町にて開催します!... https://t.co/7omOyeUvGt — カモ井加工紙 (@mtmaskingtape) 2016年3月2日 上…

情報カード×マステ その後の進捗。

すこしずつ溜まってきた情報カードをマステで分類し始める。 ケースは百均のもの。 手前の「魔女展」についてのメモのように同じ内容のは端を留めて簡易小冊子みたいな感じに。 取り出したいメモには横から上からぴょいとはみ出させる。 もう少し工夫してい…

第十回「妙手」 恐れ入る一手

とうとう節目の第10話。信繁も信之も正念場。真田家が散々、弄してきた策も報われる時です。 真田丸、第十回「妙手」。前回のキーポイントは鷹、今回は囲碁。

ゲーム向けのSF事典が楽しかった

「ゲームシナリオのためのSF事典 知っておきたい科学技術・宇宙・お約束110」 Amazon.co.jpアソシエイト これが面白い。 ゲームシナリオのためと銘打ってるのはたぶんシリーズがそうだからという感じで、ゲームや漫画なんかでも通じる知識がざっとおいてある…

あれから5年「好きな街」

今週のお題「好きな街」 仙台の人間ですがあの日は所用で東京のホテルにおりました。 てっきり東京での地震かと思うくらい東京でも大きな揺れを感じました。 都内も交通がマヒ。 安全確保のためエレベーターが止まってしまい、その日はそのままホテルの部屋…

ハンドメイドの門をたたく

『魔女の秘密展』を見たラフォーレ原宿。その3階に貴和製作所がありました。 アクセサリーパーツを売っているお店でひとめぼれしたチャームなどを購入しました。 (右下のアイスはおそらくお店のオリジナル)ブログ最下部に貴和製作所さんの商品ページのURL…

『鬼滅の刃』と『蠅庭のジグザグ』吾峠呼世晴先生の読み切りと連載

蠅庭のジグザグ 吾峠呼世晴先生の読み切り4編最後は「蠅庭のジグザグ」 「蠅庭のジグザグ」少年ジャンプ+ いい人では決してない主人公の淡々とした言動・行動が小気味いい。

真田丸10話を前に自分の感想記事をまとめておく

本編感想 第1話「船出」 第2話「決断」 第3話「策略」 第4話「挑戦」 第5話「窮地」 第6話「迷走」 第7話「奪回」 第8話「調略」 第9話「駆引」 その他 1,2,3話を見た感想 三英傑について 武田勝頼の歴史秘話ヒストリア 箸休め。 奥州への観光案内 NHKスタジ…

「butterfly search」がチョウ便利

ある時期までパソコン内にあるファイルのテキスト検索にはWindows標準の検索機能を使っていました。しかしある時期からいろいろな条件で引っかからないファイルがあることに気づき、支障もでてきたので使えるソフトを探してみました。 見つけたのが「butterf…

真田丸 第九回「駆引」 真田父子、悩む

春日の凄惨な死に、片棒を担いだことになった信繁は落ち込む。しかし信繁少年の悩みを近隣との駆け引きに忙しい真田家の大人たちは聞いてやる暇などない。 真田丸 第九回「駆引」。

お菓子にプリント

最近はやりのプリント菓子が苦手。 着色料で食べるのに抵抗うんぬん以上に見た目がただただ苦手。 素材は食べても平気なもの使っているんだろうけど、口に入れるものとして絵が細かすぎるしカラフルすぎる。 写真とかなぜお菓子に印刷する。 消え物のくせに…

NHKスタジオパークで『真田丸』関連の展示を見てきました

2/28(日)NHKスタジオパークに行ってきました。 「魔女の秘密展」が11時開始、原宿に到着するのが10時ということで、時間つぶしの必要に迫られました。 原宿というお洒落タウンで何をしようか悩みましたが、真田丸展が開催されていることを知っていたので、…

お米を噛む

今週のお題「給食」 好き嫌いはあるにはあるが給食に出されるような、小中学生でも食べれるようなものは大体食べれた。 ということで給食を残すということはめったになかったが、唯一食べれなかったものがあった。 硬い白米。 どこをどう間違えたのか責任者…

「魔女の秘密展」に行ってきました

2月28日(日)。ラフォーレ原宿の6階で開催されている「魔女の秘密展」に行ってきました。 東京での開催は3/13まで。その後、福岡でも開催されるようです。 魔女の秘密展 Secret Witches Exhibition (公式HPだけでもなかなか面白い内容になっています) (…

『鬼滅の刃』吾峠呼世晴先生の読み切り『肋骨さん』

『鬼滅の刃』吾峠呼世晴先生の読み切り二つ - Shirokutsushitaのブログ 上記記事の続き。 少年ジャンプ+『肋骨さん』 肋骨さん 前作二つが陰気な主人公なのとは打って変わって、やわらかで社交的な印象のある主人公。連載の主人公に一番タイプは近いだろう…

お気に入りの類語辞典

使用頻度は少ないけれどいつまでも手元に置いておきたい。 そんな辞書がある。 Amazon.co.jpアソシエイト 辞書本体のカバーが紫でお洒落。 新聞で紹介されているのを読んで、その日のうちに本屋に探しに行った。 一つの単語に対し、同じような意味の違う単語…

真田丸 第八回「調略」 裏切り寝返りは戦国の花

真田丸も第八回。末広がりの8話。真田家の可能性は無限大。 真田丸第8回「調略」。

喋れないけど懐かしさを感じることば

今週のお題「方言」 方言は喋れない。 両親がそれぞれ東北と九州の人で、九州の祖父母は方言をしゃべり、東北の祖父母は方言も知っているが転勤族だったので標準語もしゃべれて、主な会話は標準語でしている。 生まれ育ったのは東北で、家庭で話される言葉は…

『鬼滅の刃』吾峠呼世晴先生の読み切り二つ

2016年11号から連載開始した『鬼滅の刃』。 吾峠呼世晴先生の作品は、以前週刊少年ジャンプに載った読み切り『肋骨さん』をよく覚えていた。その後にジャンプに掲載された『蠅庭のジグザグ』は読んでいたが、『肋骨さん』以前の読み切りは読んだことがなかっ…

真田丸と『現在』の奥州事情

真田丸にかこつけて地元、宮城もそわそわしている。 真田信繁の子供たちが、伊達家の庇護のもと、東北で生き延びていたからだ。 宮城県内には真田家と関係する史跡もあり、真田丸ブームに乗っかって、観光客を呼び寄せたいと考えている。 www.zao-machi.com …

厚切りジェイソンがすごいなと思った

厚切りジェイソンが出ていたメレンゲの気持ちを見た。 「Why Japanese People!」のネタでおなじみの、IT企業役員と二足のわらじをはくお笑い芸人。 日本に最初に来たときに『エンタの神様』を見ていたらしい。お笑い番組には字幕がついていたから、日本語の…

同期用ソフト2「BackupF2F」

同期用ソフト1「Syncsync」 - Shirokutsushitaのブログ の続き。 「続きを読む」まで読み飛ばしてもいいような前提条件 最近、外でポメラを使っている。(DM100、最近購入。これについてもいずれ書きたい) ポメラはいろいろ便利だが、csvファイルとtxtファ…

艦これE3甲 クリア! S勝利は驚異の通算1度だけ…

艦これ2016年冬イベント。E3甲をクリアしました。 艦隊出撃中はあまり意識していなかったのですがスクショをまとめていたら、なんとS勝利を一回しか取れていなかったことが判明。 自分でもよくやめなかったなと驚いています…勇気というより無謀です。 とどめ…

真田丸 第七回「奪回」取り戻せなかったもの、手にいれたもの

前回、真田信繁は家族を守りきれないという大きな挫折を経験した。 今回のミッションは彼にとって、奪われた家族を取り戻すためのものでもある。 真田丸 第七回「奪回」 そして前回は梅に大きく水をあけられた感のあるきりは、ヒロインの座を奪回できるのか。

乱雑だけど過しやすい我が部屋

今週のお題「わたしの部屋」 部屋は汚い。というか乱雑。 ゴミは捨ててる。液体はこぼれていない。賞味期限の切れた変なものとか落ちてない。ベタベタしてない。最低限の生活環境はクリアしているけれど、机の隙間はひたすら見えない。 机の上にはパソコンを…

完結したソウルキャッチャーズをネタバレにならない程度に紹介する

週刊少年ジャンプH24年25号から連載が始まった異色の音楽漫画「SOUL CATHER(S)」(通称ソルキャ)。原作は神海英雄。 週刊連載→NEXTでの隔月連載→ジャンプ+で週刊連載という連載形態も漫画本編も怒濤の勢いで駆け抜けてきた同作品が2月14日のジャンプ+の更…