読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「マスキングテープの本」主婦の友社

文房具 感想 マステ

マスキングテープの本を借りて読んだ。

刊行、なんと2008年。
取り上げられているマスキングテープは、
ほとんどが無地・単色のもので、
今の賑やかなマステ業界とは隔世の感がある。

アメリカでは厚いクレープ紙を利用していたが、
日本では和紙を使うことで薄いテープを実現した。
という歴史からは
マステに日本の文化が息づいていることを感じた。

本書では紹介されている使い方も、
絵を描いたり、角を補強したり、
標本を留めたりと素朴な使い方が多い。
このシンプルさがいいなと思わせるものばかりだ。

マステについて理解を深めるという読書体験になった。

岡山のカモ井のマステ工場の写真もあって、
興味がわいていたところに、折よく
カモ井加工紙ツイッターで工場見学のお知らせがあった。

 スケジュールが合ったら、行ってみたい。

 

読んだ本

Amazon.co.jpアソシエイト

以下、今のところの私のマステの使い方。

shirokutsushita.hatenablog.com

shirokutsushita.hatenablog.com