読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

喋れないけど懐かしさを感じることば

今週のお題

今週のお題「方言」

方言は喋れない。

両親がそれぞれ東北と九州の人で、九州の祖父母は方言をしゃべり、東北の祖父母は方言も知っているが転勤族だったので標準語もしゃべれて、主な会話は標準語でしている。

生まれ育ったのは東北で、家庭で話される言葉は標準語。

九州のいとこたちはバリバリ方言を使っているけれど、たまに理解できないこともあるくらい難しい。

九州の祖母の言葉の意味を親に聞くこともあった。

「おだづもっこ」とか「いずい」とか意味は知っているけど使うタイミングは微妙にわからない。

唯一身についている言葉は「おっぴさん」。

亡くなったひいおばあちゃんを存命の頃はそう呼んでいた。

少し大きくなってから、曾祖父母を表す言葉だと知った。