読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

戦姫絶唱シンフォギアの続編が決まったので想い出を語る

シ・ン・フォ・ギィィッ――ヴウゥワアアアアアアアアアアアアアアアアアッ!!!!

戦姫絶唱シンフォギアの4期および5期が決定した。

歌う声優の先達・高山みなみを先輩に戴き、演歌出身・水樹奈々、音大出身・高垣彩陽を仲間に従え、悠木碧が戦うヒロインを演じた1期からはや4年。
思えば遠くに来たものだとその頃から応援してきた私はしみじみしてしまう。

とりあえずどういうものかというと3期目「戦姫絶唱シンフォギアGX」1話がニコニコ公式配信中。
最初の6分くらいがまさにシンフォギアって感じなのでこれで合う合わないかは大体わかる。たぶん。

 

www.nicovideo.jp

何これ熱い、となるか、何これウケる、となるか、何これ怖い、となるかは人による。

1期の1話を物見遊山で見た私は、開始早々墓場で泣き崩れる少女、作中アイドルによる圧巻のライブシーンと荒ぶる観客、高山みなみが歌いながら戦いそして散り、さらに黒く染まる主人公で引き、というなんかよく分からないものを20分ほど見せられ、その凄まじさに息をのんだ。
今まで見たことがないエネルギーの塊を見せられたという感じだった。

そこから繰り広げられるたのは美少女達の殴り合い。
ぶっ倒されるための怪獣はちゃんと用意されているのにそいつらをよそに毎週少女たちが心と体をぶつけ合うのだ。

そんな感じで1期が終わり、ライブ開催が決定する。

しかし私はそのライブに落選。悔し涙を飲んでいたが、続編が決定。

瞬く間に2期が始まり、初めてのライブ参戦も叶い、腕が痛くなるまでキングブレードを振り、真冬にもかかわらずライブTシャツ一丁で気にならないくらい熱狂した。

そこで発表された3期。
どこまで行くのだこのコンテンツはと追いかけ続け、そして過ぎし2/27。

武道館はフォニックゲイン(作中に出てくるなんか不思議なパワー・光る)に包まれた。
お台場から始まって三回目のライブイベント。
私は1期のライブには落ちたからは2期から数えて二回目の参戦となった。
滑りおちそうな武道館の二階席から力の限りその場を楽しんだ。

ライブグッズは3/22お昼まで通販受付中。詳しくは公式HPへGO。
1期・2期のライブでは再版されなかったライトが今回初登場。
市場の成長を見せつけられる。

買えなかったあれやそれを注文してあとは続編の続報を待つばかりだ。

ライブが気になる方には2期のライブDVDがおすすめ。
きっとそのうち3期のライブDVDも出る。待ち遠しい。

パッケージでキャラが着てる服はライブ衣装イメージのもの。
この衣装をまとった声優さんたちによるなんかすごいパフォーマンスがたっぷり見れる。